< Salon Du Chocolat Paris 2017 >
■ 会 期 : 10月28日(土)~11月1日(火)
※前夜祭 : 10月27日(木)18:00~
■ 会 場 : ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場 

 パティシエ エス コヤマ(兵庫県三田市、オーナーシェフ小山 進)は、2017年10月28日(土)からパリで開催する世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ パリ」に出展し、最新作チョコレート「SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2017」を発表します。日本では、11月2日(木)から、エスコヤマのショコラトリーRozillaおよびオンラインショップで発売予定です。

 最新作のテーマは、“DISCOVERY ~終わりなきカカオ探求の旅~”。小山進のカカオや素材への探究心から得られた数多くの発見。その結果、生み出した50種類の新作ショコラからトップ4をお届けします。
サロン・デュ・ショコラ パリの出展は2011年以来7年連続。SDCの今年のテーマは「ショコラとカカオ:偉大なる冒険 ~Chocolat et Cacao : la Grande Aventure !~」。小山は、事務局の依頼によりデモンストレーションやセミナーを行います。また、es koyamaスタンド(C16)の壁面は「DISCOVERY」をテーマにしたデザイン。ブースに設置したモニターでは、「DISCOVERY」をテーマに、小山の2017年の創作をドキュメンタリータッチで描く、オリジナル映像を上映予定です。
ショーケースには26種類の新作アイテムが勢揃い。「SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2017(4個入り)」のほか、新作ショコラを単品で販売します。

es koyamaの写真家・石丸直人による写真展
es koyamaの全てのショコラや小山進の撮影を担当している日本の写真家・石丸直人。今回初めて、Salon du Chocolat Paris会場で約20人のグランシェフの写真展を行います。

SALON DU CHOCOLAT 2017今年のテーマはDISCOVERY ~終わりなきカカオ探求の旅~

子どものときからいろいろな発見を繰り返してきたが、今回発表した作品は2016~2017年の1年間での発見である。身近なモノでも虫眼鏡で覗いて観察をしたり、顕微鏡を使って深く観察すれば、たくさんの発見があったように、今年の私もまさに身近で慣れ親しんだモノから、そして未知のモノから、新しいたくさんの発見があった。新しい発見とは、全てが初めてものという意味ではない。過去に出会ったモノも深く掘り下げれば、まだまだたくさん得るものがある。過去と今では素材に対する向き合い方も見え方も違っているからだ。僕の仕事はそういったものを見つけ、ショコラを通じて世の中に伝えることだと思っている。今も昔も変わらず、良いモノは良いし、カカオのように同じ樹から採れるものでも収穫年によって味は全く異なるという素材も数多ある。これまでは素材に対して一方向からしか見えていなかったのが、時を経て経験を重ねていくにつれ、自身の成長と共に見え方・感じ方が変化する。人との繋がりも広がって、価値観が同じ人とも数多く出会えるようになる。そうして、手に入れられる素材の品質にも変化が出てくるのだ。そう考えると、これからも面白い出逢いが待っていることにワクワクせずにはいられない。今、僕の周りにはいろいろな良い風が吹いている。これからも僕の旅の先には、無限大のショコラ創作の可能性が広がっている。 ショコラティエ 小山 進

SUSUMUKOYAMA’S CHOCOLOGY2017 DISCOVERY ~終わりなきカカオ探求の旅~

2017年11月2日(木) 発売予定
1箱(4個入り)1,728円

1964年京都生まれ。2003年兵庫県三田市に「パティシエ エス コヤマ」をオープン。「上質感のある普通味」を核にプロフェッショナルな味を展開し続けている。
フランスの最も権威のあるショコラ愛好会「C.C.C.」のコンクールでは、2011年の初出品以来6年連続で最高位を獲得。
また、2013年からは「インターナショナル・チョコレート・アワーズ」にも出品し、2016年は世界最多受賞。続く2017年アジア太平洋予選では39品全て受賞を果たし、10月にロンドンで開催する世界大会に全作を出品。世界的なショコラティエとして活動の幅をますます広げている。