book

「心配性」だから世界一になれた / 先手を打ち続けるトップの習慣 祥伝社

¥1,620

4年連続世界最高位3度目の最優秀賞受賞 結果を出す極意は「心を配る力」と「前始末」だ!

世界が絶賛する日本人パティシエ。
その仕事術
世界一のショコラは「心配」から生まれた
なぜ小山ロールはバリエーションをつくらないのか?
つねに考えているのは、自分と商品の寿命
報告書には「明日」を書く
「前始末」をしていれば、「後始末」は発生しない
「時間がない」はこうすれば解決できる
クレーム対応への心構え7カ条
今必要な「感動をつくる力」「人に伝える力」「問題解決する力」
心配を放置するから悩みになる

何かで成果を出したいのなら、 徹底的に準備をすることだ

心配心はマイナスなイメージを持たれているが、僕は心配性だからこそ、
ここまでやってこられたのだと思う。心配心は慢心が生まれるのを 防いでくれる。そして、心配性のおかげで、先手先手を打つ習慣が身についた。 世の中には、ぶっつけ本番で勝負に出る人もいる。しかし、準備が足りない アスリートが勝った例はないし、ビジネスマンも何の準備もせずに 大事なプレゼンや商談に臨んでうまくいくことはないだろう。
何かで成果を出したいなら、徹底的に準備しておけばいい。
(「はじめに」より)